立派なペーパードライバー

車の免許というと18歳から取れるので高校生の時に取得した人も多いでしょう。
大体その頃になると教習所に通ったりしていち早く車の免許を手に入れるというのが
ちょっとしたステータスというか自慢みたいになったりしますね。自分も例にもれず
誕生日とほぼ同時ぐらいに車の免許を取得したのですが高校を卒業する頃になると
二つの選択肢を迫られることになりました。大学に行くことは決まっていたのですが
一人暮らしをするか車を買うのかという問題です。お金に余裕があれば両方というのが
ベストなのだと思いますが通うことになっていた大学が東京で大学の近くに住むと
駐車場代が余裕で月3万円とかを超えてしまいます。もちろん家賃も高いので
どちらか一方しか選べないのです。自分の周りは大抵どちらかと選んでいました。
大学に入ってからいろいろな人と知り合いましたが自分の知っているところでは
一人暮らしをして車も持っているというのは2人しかいませんでした。しかも一人は
かなりド田舎な場所なので一人暮らしといっても家賃はかなり安かったと思います。
大学に行かずに働くとまた違ってくるんですけどね。何が言いたいかというと免許を
取ったのはいいのですが免許証が身分証以外の役割を果たすことがなくついには大学を
卒業して立派なペーパードライバーになってからもう4年が経つということです。