太陽光発電のデメリットについて

導入家庭も年々増え続け、次世代のクリーンエネルギーとして大きな期待を寄せられている太陽光発電システム。CO2を排出しない地球に優しいエネルギーであること、電気代の削減、余剰電気の買取制度、非常用電源等、非常に多くのメリットがあると感じます。しかし一方で、色々なデメリットがあることも把握しておく必要があります。例えば導入コストです。一般的な戸建て住宅で4kwの標準仕様の太陽光発電システムを導入するのに、導入コスト200万前後と言われています。このシステムを国や自治体の補助金を利用して導入し、余剰電気の買取制度を利用したとして、10年~20年程度で導入コストの回収が出来ると言われています。しかし、メーカー保証の平均は10年程度であることや、電流を直流から交流に変換するパーワーコンディショナーという周辺機器は10年~15年に1回の交換が必要となります。ですので、導入して終わりではなくメンテナンス費用もそれなりにかかってくるということです。このようなことから、太陽光発電を導入すると得をするというコスト面の考えは安易であり、やはり一番の導入目的は、地球に優しいクリーンなエネルギーを!ということになるのではないでしょうか。