賢い歯磨き

歯を磨いて何も食べたり飲んだりしていない状態でも歯の表面には菌が繁殖するという
記事をインターネットで見つけました。これはどういうことかというともちろん歯磨きを
した直後というのはある程度口の中はフレッシュな状態になっているのですが時間が
経過してくると徐々に菌が増えてくるということです。この口の中で菌が繁殖する原因は
歯ではなくて舌に溜まった雑菌だったり、唾液に含まれているペリクルというタンパク質の
一種が歯をコーティングすると共に雑菌も引き寄せてしまうことだと言われています。
そう考えてみると歯を磨いた後に何も食べたり飲んだりしていなくてもある程度の時間が
経ったらまた歯磨きをしたほうがいいということになりますね。確かに歯磨きをした後に
少し時間が経つと口の中がなんか粘っこいような感覚になることがあります。特に
寝ていて起きた直後なんかはこの傾向が強いかなと思います。ちなみに歯磨きをする時に
少し歯磨き粉の成分を残すように口をすすぐと効果的みたいですね。なので中には
普通に歯の汚れを落とす歯磨きとその成分を歯にコーティングさせるということで
二回歯磨きをしているという人もいるようです。