愛車のモコは私の大事な相棒

私は日産のモコに乗っています。
私にとって車は一人になれる空間です。
大型駐車場のある店を訪れた場合や大学の駐車場に車を止めた場合、用事をすませて帰宅する前に、音楽を流した状態でのんびりしたり本やスマホを見たりすることもあります。
この時間がとても好きです。
誰に干渉されることもなく好きなコトができるからです。
また苦しい時にはひっそりと泣いて心を落ち着けることもありました。
特に私は精神的に落ち込む日々が続いていたので、思い切り泣いたり愚痴を大声で言ったりできるこの空間はとても貴重でした。
そして車内で泣いてすっきりしてから家に帰っていたのです。
また友人を車に乗せ、走らせることもなく車内で雑談をしたこともあります。
別れることが悲しくて時間ギリギリまで友人を引き止めてしまったこともあります。
それは申し訳なかったと今は思いますが、友人とゆっくり話をする場所としても車は重宝したものです。
最初こそ車は交通の手段としてしか考えていませんでしたが、長い時間を共にするうちに愛着がわきました。
今では走れなくなるギリギリまで愛車のモコとともに生活したいとまで思っています。
それくらい大切な存在です。
カーセブンに車を売る