月別アーカイブ: 2018年6月

発泡酒を飲むと悪酔いしたり太る?

発泡酒とはグラスに注いだ時に泡が立ち、炭酸ガスを含んだ酒のことをいいます。
今では、ビールを除いたシャンパンやスパークリングワインなどは、「果実酒」に分類され、その他のものを発泡酒という名で定着しています。
ビールよりも安くてに入るので、ビールの代わりに飲むことが多いのですが、原材料が違うので、発泡酒ならではの問題があるようです。
発泡酒の添加物にはどんなものがあるのでしょうか?発泡酒には人工甘味料をはじめとして、遺伝子組み換え食品など多くの添加物が入っています。酒税を抑えるため、ビールに似せるようにするために添加物を使うんですね。
妊婦の方には特に発泡酒を避ける事は、胎児に悪影響を及ぼさないように心がけたほうがよさそうです。
発泡酒を飲むと悪酔いする方が多いですが、ビールと比べるとアルコール度数が高めであったり、あと添加物の影響ななんかも関係しているようですね。
これには個人差があるので、発泡酒は悪酔いしやすい傾向があると思ってもらえればと思います。
最近ハマっている個人輸入で低用量ピルを買いました!
関連記事:トリキュラー21は通販で買える?

発泡酒を飲むと太ると言われています。酒類はアルコール度数が高いほどカロリーも高いと言われており、発泡酒はビールに比べるとアルコール度数が高く、カロリーも高いので太りやすい飲み物です。
発泡酒やビールを飲むときには、おつまみも一緒にとることが多いので、おつまみのカロリーも気にする必要があります。
なるべく油物を控えるようにして、野菜や枝豆などをとるようにすると良いです。
太らないようにするために、お酒を飲んだ次の日には水を多く取り、体の中の毒素をなるべく早く排出するようにすると新陳代謝が悪くなるのを防ぐことができますので、心がけるといいです。
発泡酒を飲むと湿疹が出てくるという方が、数は多くはないのですがたまにいます。
どうやらアトピーを持っているとこういった現象が起きることがあるようです。
こういった方はこれをほっとかずにお医者さんに診てもらうのがいいです。
発泡酒はビールに比べると手ごろに手に入り、ビールよりも消費量が多くなっています。
ビールよりも安いのですが、その分不純物が多いので、発泡酒の飲み過ぎには気をつけましょう。