月別アーカイブ: 2014年5月

引越しをすべき期間

私は今年の四月に引越しをしました。
引越しの理由は以前住んでいた部屋がかなり狭く、窮屈に感じていたからです。
また、四月ということでかなり引越し会社はこんでいました。
そのため、自分で引越しの時間帯が指定することげできませんでした。
(期間的に引越しを依頼した時が遅かったのも原因です)このように私の引越しはかなり急でしかも慌ただしい引越しでした。
因みに引越しの業者はえいぶる引越センターでした。
部屋自体をえいぶるから借りたのでそのままえいぶる引越センターにお任せしたという感じです。
また、えいぶる経由で引越しを依頼したおかげで業者の方も引き受けていくれたのだと思います。
実際に引越の業者は物を丁寧に扱ってくれました。
また、引越しをするスピードもかなり早かったので引越しの業者自体には特にこれといって問題はありませんでした。
このような経験から私は今後引越しをするときはもっと早めに連絡しようと今回の体験で思いました。

愛車のモコは私の大事な相棒

私は日産のモコに乗っています。
私にとって車は一人になれる空間です。
大型駐車場のある店を訪れた場合や大学の駐車場に車を止めた場合、用事をすませて帰宅する前に、音楽を流した状態でのんびりしたり本やスマホを見たりすることもあります。
この時間がとても好きです。
誰に干渉されることもなく好きなコトができるからです。
また苦しい時にはひっそりと泣いて心を落ち着けることもありました。
特に私は精神的に落ち込む日々が続いていたので、思い切り泣いたり愚痴を大声で言ったりできるこの空間はとても貴重でした。
そして車内で泣いてすっきりしてから家に帰っていたのです。
また友人を車に乗せ、走らせることもなく車内で雑談をしたこともあります。
別れることが悲しくて時間ギリギリまで友人を引き止めてしまったこともあります。
それは申し訳なかったと今は思いますが、友人とゆっくり話をする場所としても車は重宝したものです。
最初こそ車は交通の手段としてしか考えていませんでしたが、長い時間を共にするうちに愛着がわきました。
今では走れなくなるギリギリまで愛車のモコとともに生活したいとまで思っています。
それくらい大切な存在です。
カーセブンに車を売る

行列に並んで

神社でのお祭りに夜店はつきもの。
そんな中で、一際長い行列ができていました。
たこ焼きを買うためにみんな並んで待っているのです。
「ただの夜店のたこ焼き屋さんだよ~」と言いつつも友人とその行列の最後尾に並んでみました。
お祭りにに来てまでも行列かぁと内心思いましたが、並んでみました。
20分ほど並んでようやく購入しました。
見た目はいたって普通のたこ焼きでした。
「関西出身やから、たこ焼きの味にはうるさいでー」と言いつつ半信半疑で食べてみると…美味しい!!思っていた数十倍、美味しかったです。
外がカリカリで中がとろ~っとしていて、大きめのタコは歯ごたえがありプリップリ。
中のとろ~っとした生地は、かつおだしが聞いていました。
ソースは少し甘めでしたが、濃すぎず生地の味もしっかり分かります。
夜店や屋台をナメてはいけません。
食べてみてお店に行列が出来るわけが分かりました。
たくさんのたこ焼き屋さんがならぶ神社の参道口で、ここのたこ焼き屋さんだけが大人気なのです。
夜店の屋台でこのハイクォリティーはなかなか出会えないと感激しました。